自分で作ってみよう! 「Let's Sewing! ベビーゆかた編」

ベビーゆかた

蒸し暑い夏には、汗をよく吸って肌触りが良い
コットンダブルガーゼ素材で、赤ちゃんのゆかたを
縫っておけば、お祭りなどのお出かけ以外に
普段のお昼寝でも気持ちよく、快適に過ごせるでしょう


1:裁断~パーツ縫製(4)
2:パーツ縫製(5)~本体縫製(10)
3:本体縫製(11)~完成

ベビーゆかた・作り方1

材料・パターン

ベビーゆかた作り方1

今回は市販のフィットパターン(#5085)
使用しました。

※和裁の場合には型紙を使用しませんが
和裁の知識が無くても裁ち方、縫い方
などの詳しい説明が載っている
「フィットパターン」を使えば
ソーイング初心者の方でも簡単な
キモノも縫えます。

※おことわり:ここで使用した布地は完売と
なっておりますので予めご了承下さい

(1)各パーツの裁断

ベビーゆかた作り方(各パーツの裁断)

型紙を切り出し裁ち合わせ図を参考に
パターンを配置しピンで留めていき

パーツの不足が無ければ
裁断にかかり、必要な合い印や
縫い止まり位置などの印を
付けていきます。

(2)部品縫製(結びひも)

ベビーゆかた作り方(結びひも)

本体に取りかかる前に、忘れがちな
小さな部品から製作していきます。

画像は結び紐の中縫いを
しているところです


ベビーゆかた作り方(結びひも)

(続き)
結び紐の中縫いが済んだら表に返して
0.2cm端のステッチミシンをかけて
結び紐の完成。

(3)部品縫製(袖)

ベビーゆかた作り方(袖)

前もって袖つけ側をロックミシンなどで
裁ち端の始末をしておき
袖口から袖下をミシン縫い。

(4)ロックミシン(断ち端の始末)

ベビーゆかた作り方(ロックミシン)

先ほど縫った袖口から袖下部分を
合わせたままでロックミシンなど
で裁ち端の始末をします。

同時に、前後身頃の脇もロックミシンで
始末しておきます。


このページがお役に立てましたら、左サイドメニューの相互リンクサイトのいずれかへ
クリック投票にて応援を、宜しくお願いいたします
※それぞれ人気ランキングサイトへリンクしており、当サイトのランキングアップにつながります。

このページの先頭へ