自分で作ってみよう! 「Let's Sewing! ベビーゆかた編」

ベビーゆかた

蒸し暑い夏には、汗をよく吸って肌触りが良い
コットンダブルガーゼ素材で、赤ちゃんのゆかたを
縫っておけば、お祭りなどのお出かけ以外に
普段のお昼寝でも気持ちよく、快適に過ごせるでしょう


1:裁断~パーツ縫製(4)
2:パーツ縫製(5)~本体縫製(10)
3:本体縫製(11)~完成

ベビーゆかた・作り方2

(5)前後身頃とおくみの縫い合わせ

ベビーゆかた作り方(前身ごろとおくみ

前身頃とおくみの縫い代は重ねて
ロックミシンなどで始末

脇の縫い代はアイロンで割っておく
(こちらは工程4で始末済み)

(6)袖の縫製・続き

ベビーゆかた作り方(袖付け)

袖口を三つ折りにしてステッチミシン
(元禄袖・長袖の場合)
袖下の縫い代を前袖側へ片倒しにする。
袖下は捨てミシンかぐし縫いをした後
糸を引いてギャザーをよせつつ丸みをつくる

(7)衿付け

ベビーゆかた作り方(衿付け)

事前に衿芯などを指定の位置に
縫いつけて、衿全体片側の縫い代を
折っておく

衿と身頃の合い印を合わせながら待ち針で
止めておき衿付けミシン

(8)袖付け

ベビーゆかた作り方(袖付け)

身頃は外表に返し、袖は中表の状態で
袖付け止まり~肩線~袖付け止まり
とミシン縫いし、縫い代は割っておく

(9)裾~前端縫い

ベビーゆかた作り方(裾~前端縫い)

前端から裾を三つ折りにしてミシン
前端の角はパターンの説明書どおりに
折り整えておく。

(10)脇(身八つ口)

ベビーゆかた作り方(裾~前端縫い)

身頃の脇、袖付け位置の下は
身八つ口として縫い代は三つ折りにして
ステッチミシン


このページがお役に立てましたら、左サイドメニューの相互リンクサイトのいずれかへ
クリック投票にて応援を、宜しくお願いいたします
※それぞれ人気ランキングサイトへリンクしており、当サイトのランキングアップにつながります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ