自分で作ってみよう! 「Let's Sewing! ゆかた&単(ひとえ)キモノ編」

おとな単衣キモノ

市販のパターン(型紙)を使用して浴衣(キモノ)を作成したものです。
基本的にゆかたやキモノを縫う和裁では型紙を使用しませんが
ここでは、和裁の知識がなくてもかんたんに縫えるよう
市販の型紙により裁断、縫製したものをレポートしました。
※作り方などの詳細はフィットパターンをの説明書をご覧下さい。
ココでは間違いやすい点などのポイント説明しています


1:各パーツの裁断~袖の縫製(3)
2:身頃の縫製(4)~衿下と裾の始末(7)
3:衿付け(8)~完成

ゆかた&単(ひとえ)キモノ・作り方2

(4)身頃の縫製

ゆかた作り方(各パーツの裁断)

後ろ中心・印より0.2cm外側(縫い代側)を縫います
(きせをかけるため)


ゆかた作り方(各パーツの裁断)

縫った後、2枚一緒に縫いしろの始末(ロックミシン)をします
※本体を巻き込んでしまわないように!


ゆかた作り方(各パーツの裁断)

縫い代を出来上がり線(黄色線)どおりに
片倒ししアイロンをあてます。
この分が「きせ」になります


ゆかた作り方(各パーツの裁断)

肩当ての取り付け

(5)おくみをつける

ゆかた作り方(各パーツの裁断)

おくみの衿付け線に伸び止めの捨てミシン
おくみつけのミシンは仕上がり線より
0.2cm外側を縫います

(6)身頃の脇縫い

ゆかた作り方(各パーツの裁断)

脇縫いは印どおりに縫います

(7)衿下と裾の始末

ゆかた作り方(各パーツの裁断)

衿下と裾の角をあらかじめ
作っておいてから
衿下~裾~衿下と続けて縫います


このページがお役に立てましたら、左サイドメニューの相互リンクサイトのいずれかへ
クリック投票にて応援を、宜しくお願いいたします
※それぞれ人気ランキングサイトへリンクしており、当サイトのランキングアップにつながります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ